一進一退しています

もちろんキィのことです。

失明してから約2週間。

見えないからじっとしてることが多くなり、足腰が衰えてき始めました。

そして先日の17日、鼻先にご飯の入ったお皿を持っていっても、匂いをかぐそぶりのないし動きがない。

もちろん食べることもしない。

部屋の隅に行って頭を角に付け、頭を支えるようににして5分も10分も動きがない。

反応も少ないことから、ダンナに病院に連れて行ってもらいました。

まず検査結果は、血液検査は前回よりもいい値。

血糖値も血圧も普通。

先生は「(腎不全の)末期だからね」としかいえない様子。

とりあえず食欲増進のステロイド剤をもらって帰りました。

このときの様子は、私が見るに、もう数日なのかなという感じ。

覚悟を決めないといけないなと思ったくらいです。

そして翌日、薬が効いたのかちょこっと食べ、段々と食欲も出、顔つきもハッキリしてきました。

少し持ち直したようです。

先生にも「看病、頑張ってるね」と言われ、救われた気持ちになりました。

でもまだ全力じゃないだろうという思いもあります。

時に睡魔に負けて、薬の時間が遅くなったりもするしね。

神様お願い、もうちょっとキィと一緒に居させてください。

mini_140831_2354_201505142227410cd.jpg
スポンサーサイト

どこ見てるの?

数日前から、部屋の壁やあちこちをジーッと見つめるようになったキィ

なんか見えないもの、もののけでも見えてるのかなーと思ってたんですが、

 イスから降りるのを躊躇したり、なんだか変。

シリンジで薬をあげてるときに、たまたま光が眼に入ったとき、眼底の血管やらがきれいに見えたんですよ。

「あー、だったら白内障ではないんだな」(以前、眼が白く濁ってるように見えて、年齢的にも白内障が出始めたかと思ってたので)

 &瞳孔の縮瞳がかなり悪くなったんだなと思ったくらいでした。

そんな状況で、薬をあげてるときに、眼底を見るのが常になってたんですが、

 昨日、眼底の一部が浮腫を起こしてるように見えたんです。

(専門学校で眼のことを勉強してたので、なんとなくの知識があるんです)

そういえばここ数日のキィの行動がおかしい。

壁にぶつかるような時もあったり、目の前のご飯をお皿にまだ残ってるのに、もう食べ終わったかのような仕草。

でもまた欲しそうにするのであげてみたら、また食べるような。

その時、ふとよしほさんとこのりぃるさんの眼を思い出しました。

いつでも瞳孔が開きっぱなしでまん丸お目目だった・・・そっくり

万が一、眼のガンだったとしても、キィの体力では手術は無理。

でも何の病気かだけでもはっきり知りたかったので、今朝病院に行ってきました。

病名は眼底浮腫の網膜はく離でした。(ビンゴ)

だから数日の間に一気に悪くなったんだなと理解でしました。

もう大好きな外の景色も見れない、私の顔を見てニャー(ママ)とも鳴いてくれないんだな、

もうキィの瞳に私が映ることはないんだ・・・と。

これからはキィのために、モノの配置を変えないようにして、邪魔になりそうなものは片付けて、歩きやすくしました。

撫でる時も、そばに居るよ手がここにあるよと認識させてから、撫でるようにしました。

抱っこの時もそうです。

移動するときも、抱っこしたら自分の位置が分からなくなるから、床をたたきながら誘導、お皿を叩いて場所を教えたりしてます。

あとはキィが今まで覚えた家内の地図が手がかりです。

まさかねー、眼にまで来るとはねー。

先生はクレアチニンの数値が高かったから、血圧が高い可能性がある、それによる網膜はく離かもと言ってました。

網膜はく離は、人間でもあっという間になって、すぐに処置しなければ失明する病気。

猫にいたっては自己申告がないから、まず早期発見は無理でしょう。

この状況を受け入れながら、キィの看病を続けていきます。

大変だけど、キィがおだやかに長生きしてくれるなら、なんだって頑張ります。

でも一番頑張ってるのはキィ本猫ですからね。

頑張ってサポートしていきます。


もうこんな瞳で見てはくれないんだね・・・

mini_150629_15370002.jpg
プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード