出会いから別れ FORTUNE 080516 CRYBABY Kittin

コニャがやってきたのは2008年5月16日。

当時、雑貨屋をしてたダンナの店に、お向かいのお店のばあちゃんが

「いらんかったら捨てといて」

とピンポンダッシュのように箱を置いていった。

覗いてみるとちみっこい白黒のニャンコ。

それがコニャでした。

080516_1655~0001

1週間ほど、ばあちゃんの家の床下で鳴いてたようです。

この頃のコニャ、なんだか頭でっかちで、オケラみたいだって言ってたっけなー。


目やには出てるし顔はぐちゃぐちゃ。

080516_1751~0001

どう見ても健康そうに見えなかったので、すぐに病院へ。

お薬もらったかな注射したっけ

とりあえず診察してもらって家に帰ったのでした。


さて、翌日からどうしよう

ダンナはお店があるし、私も仕事で家を空ける。

コニャの世話どうしようってなり、考えた結果、毎日ダンナと一緒にお店に出勤。

バックヤードで昼間を過ごし、また一緒に夜帰るということにしました。

お店の暇を見計らって、ダンナがミルクをあげるという作戦。

とりあえずいっぱい食べて、元気にならなくちゃね。

080524_1806~0002

ながーい紐をつけ、トイレとご飯を用意。

隠れられるようにキャリーもそばへ。

淋しかったのか、よく鳴いてはダンナが世話をしに行ったようです。

この頃はお腹もすいてたし、仔猫ということもあったんでしょうが、食欲旺盛でいっぱい食べてました。

でも食べ方が下手でねー、食事の後はいつもこう・・・・

080522_1633~0001

顔中ベチャベチャ・・・

また、こんなにちっちゃいくせに、いっちょ前に威嚇したりしていました。

かわいいんだけど・・・威嚇になってないんだけど・・・

080517_2031~0002

そしてうまいことにマンちゃんがママ代わりをしてくれたので、とても助かりました。

で、通称「ママ・マンちゃん」

遊び相手をしてくれたり・・・

080520_0718~0001

おてんばにも黙ってされるがまま。

080618_0801~0001

ぬくもりを求めてか、ダンナにもよく引っ付いてました。

ダンナの肩の上でお休み中

080519_1054~0001 

ついでに私の膝の上でもお休み中

080522_2121~0002 

黄色のビーズクッションも大好きだったよねー。

いつもこのクッションで寝てたよねー。

080525_2126~0001 


でもコニャが一番好きだったのはキィ

でもキィは猫嫌いだから、なかなか側に行けなかったんだよね。

これは初めてのピトッ

080628_2332~0001


キィのシッポにちょこっとだけ触れてるんですよ。

コニャ、頑張ったねー。そして良かったねー

それかも、キィに怒られはたかれながらも、擦り寄っていき、側で寝、なんとかしてキィの側に居ようとしてました。

それからはおてんば振りを発揮して、こんなことしてみたり

080803_2305~0001

高さが150cmほどある梁に、いとも簡単に上がってしまい、ここはコニャだけの聖域になってしました。

090906_0856~0001 

他猫は誰も上がれないんだもの。

一番ちっこいコニャが、一番運動神経が良かったんですよね。

脚にはいい筋肉ついてましたもん。

ここに上がったら「見て~って鳴きわめき、「コニャタンすごいねー」と見てやると、納得していました。

090918_0950~0002

その時私が

「コニャタン、ニャ~」

って言うと、元気よく

「ニャ~~

って返事を返してくれてたっけ・・・。


ベッドも好きで、でっかいベッドにちみっこいコニャ

すっごい贅沢な寝方してましたね。

090611_1510~0001


そんなコニャを、予防注射のため病院へ行き、血液検査したときに分かった「白血病」

特に仔猫のときに感染したものは、3~5歳で亡くなるという記述をネットで読んだときは愕然としました。

「それってキィとコニャ、どっちが先って話になるの」って。

それから確か沙織さんだったと思いますが、DANっていうサプリがいいと教えてもらい、与えていたんですが、あまりにも元気すぎてあげなくなっちゃったんですよね。

今更ながら、これを続けてたらと思うと反省しまくりです。

でもそれを忘れさせるくらい元気いっぱいのコニャ

いつも運動会の中心。

基本お馬鹿なのに、遊びに関しては天才。

黒ゴムを隠してあるキッチンの引き出しを開けまくってみたり

101116_2103~0001

猫草が食べたくて風呂の扉を開けてみたり、テーブルの上の私のメガネはいつもちょいちょいして落とす。

いくら怒っても落とす。

なんでも遊びにしてしまってました。


ちっちゃいから大きくなっても太ももの上に乗っかってきて

「離さないれしゅ降りないれす

100405_1535~0002 

だけどダンナにつかまると、手足を突っ張って異常な拒否反応


「離すれしゅよ~

100301_2207~0001 

そしてこのわかいい首をかしげる仕草

100315_1710~0001 

目が光っちゃってるけど、可愛さわかるでしょ


そうしながら当たり前に暮らしてた3年間。

にぎやかで騒々しかった3年間。

でも楽しかった3年間。

先月末、突然元気がなくなって、白血病が発症したと判明。

それから数日で、あっという間に逝ってしまったコニャ

来る時も突然だったけど、逝くときも突然だったのよね。

あまりにも早すぎて短すぎて、今にして思うと夢の中の出来事のように思えてしまいます。

そして形見のコニャの首輪。

110602_2218~0001 

本当はキィが使ってたんですけど、コニャ用に買ってきたのが大きすぎて、キィのを譲り受けたんです。

丁度いい大きさの箱があったので、それに入れてやりました。

110602_2222~0001 

袋に入れて・・・どこに置こう

今はまだリビングに置いてるんですが、どっかにきちっとしまわないとね。

まだ思い出が多すぎて、悲しみからなかなか抜け出せません。

でもねコニャ、短かったけどママは楽しくて幸せだったよ。

ずっと続いていけばもっと良かったんだけどね。

ありがとね、コニャ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンさん
お向かいのお店のばあちゃんが・・・

覚えていますよ~
でも、悲しくてコメントできない。
ごめんね。
49日まで、首輪にお水とご飯上げたら
どうかしら?

ああしていたら、こうしていたら…後悔の念は誰でもありますよね。
特に動物はどこが痛い、悪いと言ってくれないから、こちらが気がつくしかないんですよね。
私もいつも後悔ばかりが付きまといます。
それでも、持って産まれた寿命をコニャタンはまっとうしたんだと思います。
だって、おばさんの家の下でそのまま亡くなっていたかもしれないのに、カレンさんのお家で
皆とイタズラしながら暮らせたんですもの。
もしおばさんの家で亡くなっていたら、こんなにたくさんの写真は残らなかったですよ。
長く生きた、短く生きたはあるけれど、人生の重さは変わらないから。
また生まれ変わってカレンさんの所にやって来てくれますよ。
動物は人間より生まれ変わりのサイクルが早いって勝手に思っている私です…。

後悔が無い方がおかしいんですよ。
愛していたら、なにがどうしてたって悲しいモノです。

亡くなってからも大切にしてもらえて、コニャたんは幸せよぅ。

これだけ愛されたコニャたんは幸せだったと思います!
短い猫生をカレンさんと旦那さんとニャンズに愛され
大切にだれて過ごせたんだもの!長く患わずに逝って
しまったのはきっとコニャたんの感謝の気持ち!
あまり苦しむ姿を長く見せずに逝こうとしたんだと思う!
悲しみは消えないけれど・・・コニャたんのために早く元気に
なって笑顔で「待ってるよ~」って言ってあげて!
プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード