僕は甘党でしゅ

ダンナが仕事先で、「豆乳ぜんざい」なるものを買ってきました。

早速食べてたら、ボクがやって来てクンクン。

「まさか食べないよね」と思って、差し出してみたら・・・

 

04090001.jpg 

 

ありゃ食べるの

意外と甘党なのね~じゃなくて、なんで好きかなーこういうの。

普通猫は食べんでしょが

まぁやるこっちもこっちなんですけどね・・・。

体のことを気にして、ペロペロ程度でやめさせました。

猫に甘いのは良くないって聞いたことあるから。

 

100409_0744~0002 

 

「美味しかったれしゅよ、んべんっべ」

 

猫にも甘党・辛党ってあるのかしら

 

 

 

それから昨日のことなんですが、実家の駐車場に車を止めに行ったら、

見慣れない茶トラさんが居たんです。

近寄っても逃げないし、触らせてもくれた。

 

その後、足の異変に気がつきました。

左足の肉球がパンパンに腫れ、膿も出てて痛そうな状態。

仕儀に実家に行き、母にそのことを告げ、

「私お金ないから病院に連れて行ってあげれない」って言ったら、

母は気前よく引き受けてくれました。

 

それから母と一緒に捕獲に行ったんですが、これが失敗でした。

私が焦りすぎたのがいけなかった・・・。

早く病院に連れて行きたい一心で、抱っこしてゲージに入れようとしたら、

茶トラさん、びっくりして暴れる暴れる。

当たり前ですよね。

見ず知らずの人に捕まって、なんか分からない箱に押し込められようとしてるんですから。

あともう一歩のところで逃げてしまいました。

まだ走って逃げれるだけ、そんなにひどいことはないとも思ったんですけどね。

 

こうなると人間不信で出てこないですよね・・・

 なんてことしたんだろう・・・。

あちこち捜し歩きましたが見当たらず。

帰りに白ちゃんがいたので、

「白ちゃん、茶トラさんに”足の怪我治してあげるから出てきてって言っといて。ごねんねって伝えといてね」

と伝えたんです。

 

そしたら今夜、実家から帰ろうとした時に、白ちゃん茶トラさんと一緒にやって来るじゃないですか

まさかの出来事に私自身もびっくり

今度は信頼関係を築いてからと、とりあえずご飯をあげてきました。

 

今度は無理せず焦らずやろうと思います。

ひどくならないうちに連れて行けたらいいなー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お帰りなさい・・

ねこちゃんにも、
甘いモノ好きなコいますよ~・・
うちのこうすけは、つぶあん!
くるみは、こしあん!でした (笑)

茶トラちゃんの傷、治してあげたいよね。
きっと、白ちゃんに、お話が伝わったんだわ!

不思議なことって、あるものですよ・・・
抱っこ出来る日も近いかも?

それと、お母さま協力して下さって有難いですね♪v-395

お初で申し訳なく候

よしほさんトコから「あんこちゃんの話題があるらしい」
と嗅ぎ付けて飛んで参りました、あんこファン2号です
ちなみに1号は誰か判りません

甘いものを猫に与えるのは、関心しないですね
 
プリンとか天津甘栗とかアンコとか・・・
ええ、全部我が家の銭助の好物です(号泣
毎度毎度、しつこい「ちょうだい」攻撃に悩まされてます
食べてるコトみると、可愛いんですよねー

ダメダメ飼い主と呼んでください(~_~;)

駄文、失礼しました~

うふ!うちにも豆乳ぜんざい好きな子がいますよ~!同じだ~!
それにママリンもおなじようなエピソードが~!
もう姿を見せなくなってしまったクロちゃんとキジちゃん・・・
毎日来ていたクロちゃんに「しばらくキジちゃん来てないから今度
来る時には一緒に連れてきてねクロ」って話したら次の日しっかり
2匹で一緒にご飯食べに来たんですよ~!絶対人間の言葉わかって
ますよね~!なら・・・スプレーするなっていうママリンの訴えを完全
無視のレオ君はどうなの~?あはは~!

我が家の銀太も小豆系すきですよ~
以外と甘党なんでしょうも♪

チャトラくんのケガ心配ですね~
悪くなる前になんとか出来たら
いいんですけど・・・

家のみるくもあんこが大好きなんですよ~。
タイ焼き食べてたらすっ飛んで来ます(笑)
あんまり欲しがるからあげたら、尿石症が再発してしまいました(T_T)

茶トラさんは野良さんなのかな?
もし保護するなら、慣れていないとけっこう難しいと思います。
捕獲器を使っても他の仔が入ってしまいますしね。
抱っこ出来たら、すばやく毛布とかで包んでしまった方が良いと思いますよ。
お互い怪我しないように出来ますしね。
そのまま病院に連れていけますから。

>こ猫ちゃん

なんだか甘党の猫って多いみたいですね。
でもちみっとだけ!
健康管理は人間がしてあげないとね。
かわいそうだけど、そこは心を鬼にして!です。

茶トラさん、怪我が心配ですが、今度は焦らず頑張ろうと思います。
早く病院に連れて行ってあげたいよー(って焦ってるー)

>御月家さん

はい、お初です。
よくお越しいただきました!
せっかくあんこちゃんのネタがあったのに、画像が飛んじゃっててごめんなさい!
(って、あんこちゃんが載ってるわけじゃないけど)

ダメって分かってても、ついあげてしまうんですよね。
一度病院の先生に聞いたら「一口二口ぐらいなら」と言われたので、うちでは二口なでにしています。
意味があるかどうかは定かではないですが・・・。

またよかったらお越しくださいませ(^^)

>ニャんママリン!さん

ママリンも同じような体験したんですね。
「猫のきもち」だったかな?にも、意外と猫は言葉を理解してるって書いてました。
でもなんでスプレーだけはやめてくれないんでしょうね?
そこだけは譲れないのかな?ウフフ・・・

>*Mai*さん

焦っちゃダメ!
でも怪我のことを考えると焦っちゃう・・・ジレンマです。
ひどくならないうちに連れて行ってあげたいです。
野良さんには、そういうことでも死活問題ですもんね。
あー、気になるー。

>沙織さん

やっぱり甘いものはよくないってことですよね。
私も注意しなきゃ!

茶トラさんはノラさんです。
でもなんであんなに人懐っこかったんでしょう?
それが不思議なんですよね。
この時は怪我をしないようにと、母が皮の手袋をかしてくれたんです。
怪我はしなかったけど、捕獲には失敗したでしょ。
ネットなりタオルとかで覆って、動きを封じ込めねばと考えています。
でも本当はそんなことせずに、普通にゲージに入ってくれたらって思います。
無茶して嫌われたくないしね。
さてどうなりますやら・・・心配の種です。
プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード