スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檻の中の猫ちゃん アタック編パート2

18日に飼い主さんに譲って欲しい旨を伝え、また2~3日後に伺いますといって帰ってから3日後、

土曜日に再度飼い主さんに会ってきました。

返事を聞くと

「気がキツイからなー。噛むからなー」・・・・・・・・・・・

ばあちゃん、その後の返事が欲しいんだけど・・・無言。

早く言えばOKじゃないんだよね。

その後一緒に猫ちゃんのところへ行ってみる。

私が撫でようと手を入れたら、ガブッ、そして噛み締めた~

痛ったー

右の人差し指の中指側を噛まれました。

でも本猫は喜んで擦り寄ってきます。

猫ちゃん、飼い主さんにも手を出したり噛もうとしてました。

だから、これだからトイレの掃除もできないのね。

私の目も前で御飯もあげてたけど、二つ折りにした紙にカリカリを乗せて、檻の隙間から流し込んでました。

水はジョロで入れてるみたい。

これが猫ちゃんの愛情表現なのね。

ちょっと間違ってるけど。

ふと見ると噛まれた指から値が滴り落ちてました。

やばい!飼い主さんが見たら気を使っちゃうだろうし、余計に譲ってもらえなくなる。

人差し指と中指を合わせて、傷口が見えないように隠す。

下を見ると血が落ちた跡、Gパンにもスニーカーにも。

やっぱこの子は保護できないのかなーと心が折れて帰ってきた次第です。

だけど翌日になると、やっぱなんとかしてあげたいという気持ちが膨らんできて、また悩んでします。


昨日も会いに行った時、

「おまえ、うちに来たいか来たかったらせめて噛み癖だけ直そうや」

って行ってきたんですけどねー。

簡単にナウシカとテトのようにはいきませんね。

噛みさせしなければ、連れて帰るんですけどねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンさん
傷大丈夫?
やはり噛むんだね!
おばぁちゃんが、見たら連れてこれなく
なったかも?
この先、どうなるのかしら?

こちらも、てんちゃんが気になって
いるのですが、抱っこもさせてくれないらしいので、困ったものです。
プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。