ニィさんが・・・&新事実

今朝、ダンナの

「ニィさん、元気ないぞ

の声に飛び起こされました。

食いしん坊のニィさん、お外に出たいのーと催促するニィさんが、うつろな目でジーっとしてます。

明らかにおかしい。

私はどうしても仕事を休めなかったので(シフト的に今日私が休んだらレジが開かないお店開けれない、ダンナがニィさんを病院へ連れて行くことに。

熱があるようだけど、これといった決め手がない。

心電図を取ったけど異常なし。

もしかして子宮関係の病気かもと、診察のためにお腹の毛を剃ったら、避妊手術の後・・・

どうりでニィさんと出会ってからの2年間、赤ちゃんを身ごもらなかったはずだわ。

昔、どっかで飼われてたのかもね。

そう考えると、野良のくせに人間への甘え方を知ってるのがうなずける。

この地域で、野良を避妊手術してリリースする人っていなさそうだし、だったら昔は飼い猫で捨てられ、そしてうちに来たのかも。

そう考えると切ないねー。

細菌感染だろうということで、注射打って抗生物質いただきました。

夕方から調子が上向きで、夜には「外に出るー」と催促。

でも当分の間は室内療養ですよー。


それと、今日の夜、仕事から帰ってる途中でのこと。

対向車線にふらふらーっとコニャンコが出てきて、左タイヤが走るあたりで座り込んじゃった。

そこに車が

私は車が減速して、コニャンコをやり過ごすことを期待したんだけど、車は減速することなく走ってきてコニャンコを・・・

一瞬コニャンコが動いたんだけど、逃げ切れたかどうかが気になってUターン。

携帯電話のライトをかざし探してみたけど見つからず。

道路に血の跡もないし、道路わきにも姿がないから、逃げ切れたんじゃないかなーと思ってます。

それにしても何あの車

動物がいるのが分かっててなぜ減速しない

轢く気満々じゃない

そんな奴、呪われてしまえ~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ニィさんも捨てられニャンコだったんですね~(>_<)
だからお家に入ると言って来たのでしょうね。
本当の野良さんなら、そう簡単に人間にスリスリしたり
お家に入ると言いませんもの。
ご飯くれる人=良い人で、お家の中が安全と知っているのは
飼われていた猫さんだけです。
どうして捨てられるのか…私には全く分かりません。
でも分かってしまったら、私も酷い人間になるのでしょうね。

子猫さん、ひかれなくて良かった(>_<)
そんな人が居たら、今度はクラクション鳴らして
見てるぞ!いるぞ!とアピールしてみたはどうでしょう??

ニィさんは飼い猫さんだったのね!捨てられちゃったのか・・・
カレンさんに出会えて本当に良かった!
キャ~!減速しないって・・・ありえない~~っ!
そんなヤツそんなヤツ地獄へ落ちろ~~っ(怒)
プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード