口蹄疫

TVで酪農家の方が言っていました。

「生まれたばかりの子豚です。かわいいでしょ。この子も殺処分の対象なんですよ」




今日の新聞にありました。

「お乳を上げてる母豚から子豚を引き離し、母豚は殺処分された」

「獣医師の方が横たわる子豚を優しく抱き

“痛い思いをさせてごめんね”と言ってたそうです」




この言葉を聞いただけで、涙があふれてきます。

心が締め付けられます。




そういう現状を知ってか知らずか、農水大臣は

「法律ですから例外名認めません。全て殺処分します」

と言っておられます。

どっかの映画のセリフじゃないけど「事件は現場で起こってるんだ」って

言ってやりたいです。

農水大臣、現場の悲惨さを見た事ありますか

(そりゃ私も見た事ないけど・・・)

牛・豚が無に命を奪われていく悲しさ、酪農家・獣医師たちの不本意さ。

法律ってそんなに大事ですか

だったら犯罪者に対しての温情とかもいらないわけでしょが

なにも罪もない動物たちには温情はなしですか

今宮崎は、地獄絵図のような状況ではないでしょうか。


牛・豚たちの冥福を、心から願わずにはいられません。

どうしても殺さなければいけないのなら、せめて、

せめて苦しむことなく逝かせてあげてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つらい・・・つらすぎる・・・・
毎日殺処分される子たちのニュースを見るのが辛くて・・・
ここ数日・・・どれだけ泣いたことか・・・
私も同じ気持ちです!
ゴタゴタ言ってないで確実に大きな罪を
犯したとわかってる犯罪者はしかるべき償いさせなさいよ!
何人も殺しておいて死刑反対なんておかしいでしょう!
人間だけが何をしても許されるなんて・・・・
罪もない動物たちは容赦なく殺されてるのに・・・・
何もできないことが辛いし悲しいし悔しいし・・・
動物の命をなんとも思わない人間がたくさんいる世の中・・・
私は・・・人間に生まれただけでどれだけ幸せなことか・・・
文句なんて言ってられない・・・
日々感謝の気持ちで生きて動物たちの大きな犠牲を忘れず
胸に刻んでおきます!
本当に・・・・せめて・・・せめて・・・苦しまずに・・・逝かせてあげてください・・・
プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード