スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこ見てるの?

数日前から、部屋の壁やあちこちをジーッと見つめるようになったキィ

なんか見えないもの、もののけでも見えてるのかなーと思ってたんですが、

 イスから降りるのを躊躇したり、なんだか変。

シリンジで薬をあげてるときに、たまたま光が眼に入ったとき、眼底の血管やらがきれいに見えたんですよ。

「あー、だったら白内障ではないんだな」(以前、眼が白く濁ってるように見えて、年齢的にも白内障が出始めたかと思ってたので)

 &瞳孔の縮瞳がかなり悪くなったんだなと思ったくらいでした。

そんな状況で、薬をあげてるときに、眼底を見るのが常になってたんですが、

 昨日、眼底の一部が浮腫を起こしてるように見えたんです。

(専門学校で眼のことを勉強してたので、なんとなくの知識があるんです)

そういえばここ数日のキィの行動がおかしい。

壁にぶつかるような時もあったり、目の前のご飯をお皿にまだ残ってるのに、もう食べ終わったかのような仕草。

でもまた欲しそうにするのであげてみたら、また食べるような。

その時、ふとよしほさんとこのりぃるさんの眼を思い出しました。

いつでも瞳孔が開きっぱなしでまん丸お目目だった・・・そっくり

万が一、眼のガンだったとしても、キィの体力では手術は無理。

でも何の病気かだけでもはっきり知りたかったので、今朝病院に行ってきました。

病名は眼底浮腫の網膜はく離でした。(ビンゴ)

だから数日の間に一気に悪くなったんだなと理解でしました。

もう大好きな外の景色も見れない、私の顔を見てニャー(ママ)とも鳴いてくれないんだな、

もうキィの瞳に私が映ることはないんだ・・・と。

これからはキィのために、モノの配置を変えないようにして、邪魔になりそうなものは片付けて、歩きやすくしました。

撫でる時も、そばに居るよ手がここにあるよと認識させてから、撫でるようにしました。

抱っこの時もそうです。

移動するときも、抱っこしたら自分の位置が分からなくなるから、床をたたきながら誘導、お皿を叩いて場所を教えたりしてます。

あとはキィが今まで覚えた家内の地図が手がかりです。

まさかねー、眼にまで来るとはねー。

先生はクレアチニンの数値が高かったから、血圧が高い可能性がある、それによる網膜はく離かもと言ってました。

網膜はく離は、人間でもあっという間になって、すぐに処置しなければ失明する病気。

猫にいたっては自己申告がないから、まず早期発見は無理でしょう。

この状況を受け入れながら、キィの看病を続けていきます。

大変だけど、キィがおだやかに長生きしてくれるなら、なんだって頑張ります。

でも一番頑張ってるのはキィ本猫ですからね。

頑張ってサポートしていきます。


もうこんな瞳で見てはくれないんだね・・・

mini_150629_15370002.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

視力がまったくなくなってしまったんですか?
少しだけでも光が見えるとかじゃなくて??
カレンさんが知識があったからわかった病気ですね。
すごく不安で寂しいですが、まだ声は届いていますからね。
キィちゃん、これ以上悪くならないと良いですね。
お大事にしてください。

>沙織さん

どこまで視力が残ってるかは不明ですが、おそらく明るさがなんとなく分かる程度かなと。
網膜はく離は、急に見えなくなってしまうから、キィ自身もビックリで不安なことだと思います。
なんで見えなくなったの?って。
あとは人間以上の能力の動物の勘っていうものを信じるのみです。
これ以上ひどくならないように、祈るのみです。

カレンちゃん凄い!眼底浮腫を見つけるなんて・・・
素晴らしいです!それだけキィちゃんに日々向き合って
しっかり看病してるってことだもんね!
キィちゃんの目は両目網膜剥離なの?せめて片方でも
少しでも見えていてくれたら・・・
ママリンは片手片足なくしても目だけは死ぬまで見えて
いて欲しいと願うほど視力を失う恐怖を持っているので・・・
キィちゃんが光を失った事は物凄いショック・・・
カレンちゃん!大変だろうけれど変わらぬ愛で包んで
あげてね!

>ママリン!

キィ、両目見えてませんね。
家の中も壁にぶつかりそうになりながら、そろりそろりと歩いてます。

最近ふと思ったの。
私がキィを看病してるのは、自分がキィを失った時の辛い思いをしたくないだけなんじゃないかと。
私の身勝手な思いなんじゃないかと。
それを肯定するために、色々と言い訳してるんじゃないかなって。
私って、本当は愛情が薄い人間なんじゃないかって思った。

カレンちゃん!大事な子を亡くして辛い思いをしたくない
ってみんな思ってる!だからこそ頑張って看病するのは
けして愛情が薄いんじゃない!
愛しているからこそ亡くしたら辛くて悲しくて乗り越えるのに
物凄い時間が必要になるんだよ!それを恐れるってことは
それだけ愛してるって事だから!ママリンも同じさ!
忙しい毎日の中でこれほど愛情を注いでるカレンちゃんは
胸を張っていいんだよ!キィちゃんも絶対感謝してる!

>ママリン!

ママリン、ありがと。
そう言ってもらえると、ちょっと救われた気持ちになります。
ちょっとうるっときちゃった。
やっぱママリンは、私の大事なお姉さんだ(^^)

猫も人間も患うと目にきますね(汗
うちもお世話になってる方のお父さんが、末期がんで
目がやられてあまり見えず。
ちょっと危ないかなと思いましたが、持ち前のパワーで
見事復活中です。
やはり食べる意欲があると良いみたい。
キィちゃんにも美味しいもの食べさせてあげてください。
鶏肉とか良いみたいですよ!
新鮮なら生もOKみたい。

>ゆこむしさん

目って体調が出ちゃうんですね。

キィ、今はまだなんとか食べてくれてますが、やはり量が少ないせいか、体重が少し減ってきてます。
ただいま3.6キロ。
これ以上減らさないように、何とかしたいものです。

新鮮な鶏肉ですか!
お肉好きだからいいかも!
プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。