スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終焉

先ほど19時45分、キィ虹の橋を渡りました。

最期までいい子でした。

パパとママが居る時に看取らせてくれるんですから。

16歳と半年、よく頑張りました・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンちゃん・・・
バタバタしていてやっと訪問できると喜んで来たら・・・
キィちゃん・・・虹の橋を渡ったのね・・・
最後は苦しまずに穏やかに逝けたのかしら。。。
大好きなパパとママに看取られて最後まで親孝行で
幸せな猫生だったと思う。。。
カレンちゃんの愛情をたくさん注がれてそれに答えて
頑張ってきたもんね。。。
カレンちゃん!キィちゃん!本当に頑張りました!
ご冥福をお祈りします・・・
カレンちゃん体無理しちゃだめだよ!
キィちゃんが心配するからね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ママリン!

キィの最期は、ちょっと苦しい思いをしました。
苦しそうに呼吸する姿を見て、ダンナが「もう頑張らなくていいよ」と。
私も永遠のお別れになるのが分かっていながら「もう体をポイしていいよ」と言ってしまったんですから。v-406

キィが居なくなって3日目。
居ないのが不思議なような、居たことが夢だったような、なんか不思議な気持ちでいます。
悲しくもあり、でも心のどこかでホッとしてたり(冷たい親ですよね)、色んな感情や想いが入り乱れています。

なんか16年半という長い間、いい夢を見てたような感じです。
でも、ふと「毎晩お出迎えしてくれてたのに、もうないんだな」とか「もう立っちしてスリスリしてくれないんだな」とか、現実的なことを思ってみたり、なんか夢と現実が入り乱れた変な思考回路になってます。

なんだか、家の中の空間が、少し広く感じます。

>○○さん

居て当たり前だった存在が居なくなる・・・不思議で変な感覚です。

看病をしなくてよくなって、こんなに時間が余るものなのかとビックリしています。
どんだけキィの看病に時間を掛けてたかってことを、つくづく感じました。
今、ちょっとだけ時間をゆったりと使っています。

キィの魂は、私と一緒に居てくれるはずです。
生前、そうお願いしましたから。
ずっとず-っと一緒です。
私たちの初めての子であり、おそらく一番賢くて良い子になるでしょう。
もうこんな子はいませんよ、きっと。
淋しいです。

キィちゃん、カレンさん、旦那さん、お疲れさまでした!
良い子でしたね~・・・。
天国でうちのがんこたちと遊んでやってね。
プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。