もうすぐ1ヶ月

キィとお別れして、もうちょっとで1ヶ月になろうとしています・・・早いなー

一生懸命介護をしたからか、なぜか納得してるというか、やりきった気持ちもある一方、

 ふと「いない」ということをしみじみ感じ始めると、いたたまれないくらい辛くなります。

しんどくても、私が帰宅するとお出迎えしてくれたこと。

トイレ掃除してると、そばで見張ってて、スリスリして甘えてくれたこと。

目が見えなくなって歩くのがおっくうになって、段々と歩けなくなっていったこと。
 
最期の息づかい、苦しそうな姿、そしてお別れしたときのこと。

大好きだったお散歩、最後はいつだったかな

最後の立っちはいつだったかな

大好きだったお風呂、最後に一緒に入ったのはいつだったかな

色んなことを考え出すと止まらなくなって、悲しくて辛くて苦しくなります。

仕方ないことだけど(人間よりも寿命が短いこと)、だからって割り切れることではないし、いたたまれなくなります・・・

mini_121129_2326.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

看病、大変でしたね。カレンさんが愛してくれているのが分かっていたから、
キィちゃんも闘病生活が頑張れたんだと思います。
辛い気持ちに何て言ってあげて良いのか…。看病している時は私達は愛情
しかあげられないんですよね。辛くて苦しい時に我慢だけはしないで下さい。
泣ける時は泣いて下さいね。それがキィちゃんとカレンさんの為でもあると思います。
自分の体もいたわってあげて下さいね。
力になれなくてごめんなさい。

お久しぶり

キーニャン亡くなったのですね。
お悔やみ申し上げます。

他のニャンズはいかかですか?

うちのニャンズは何事もなく
無事に生きて ます。

でも、よくゲロ吐いてますがね。

他の子達元気で長生きして欲しいですね。

>風来坊さん

こちらこそご無沙汰しています。
お変わりないようでよかったです。

うちでは4年前にコニャが白血病で3歳で亡くなり、その後ガリガリの猫を保護したりで変わってきています。
私もダンナも仕事が変わったりでねー。

プロフィール

カレン(Kullen)

Author:カレン(Kullen)
4猫の話と、オーストラリア大好きのカレンの日頃の出来事の日記です。
猫の話でも、オーストラリアの話でも、日常のつたないことでも、色々と書こうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード